ドアノブ交換修理なら【ドアノブ交換修理.jp】にお任せ下さい!

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0800-805-7721

フリーダイヤル0800-805-7721

割れた窓理論

割れた窓理論

防犯対策として鍵交換やドアノブ修理を行う場合、その姿勢を見せるということ自体が重要でもあります。
どこの街にも空き巣をしようと考えている人はいるようで、そこまででなくても防犯対策がずさんな家を見ると「もしかしたら入れるかも」なんて考える人もいたりするわけです。
そうしたことがトラブルの原因になったりもするんですね。

さらなるピッキング対策

鍵開けの対策としては鍵交換や鍵の追加をするわけですけど、これをするためには大抵の場合業者(鍵屋)を利用します。そういったものを利用すると、家先で作業をしますよね。ということは、その様子を周囲の人に見られるということになります。
これが何を意味しているのか言うと、空き巣や空き巣予備軍に対する牽制になるわけですね。

防犯意識を高く持とう

この考え方は「割れた窓」理論に通ずるものがあります。この理論は人間心理をもとにしたもので、例えば窓が割れたままのビルは管理されていないと認識され、何をされても誰も気にしなくなるというものです。そういった場所は犯罪の温床になりますし、そうなるとさらに誰も近づかなくなって余計に悪化していくわけです。
ドアノブ修理をせずに壊れたままにしたり鍵紛失を放っておいたりすれば当然防犯意識がないものとしてみられます。これでは格好の的でしかないので、キチンと防犯の姿勢を見せることが大切です。

 

ドアノブ交換修理でお困りの方は、ドアノブ交換修理.jpへ

スタッフが待機中!