ドアノブ交換修理なら【ドアノブ交換修理.jp】にお任せ下さい!

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0800-805-7721

フリーダイヤル0800-805-7721

判断基準

判断基準

空き巣などの侵入犯にはその家に侵入できるかどうかを判断する基準というものがあります。これは鍵交換であったりドアノブ修理であったりそういった鍵のトラブルに対する対策がされているかどうかという事以外にもたくさんあります。
基本的に鍵開けなどによって侵入するのに5分かかると判断されれば避けられる傾向にあり、10分かかる場合にはまず入られません。

ではその判断をどこでするかですが、まず鍵を確認するのは当たり前のことです。2個以上鍵がついていたりピッキング対策の鍵なら比較的安心できます。
こじ開けという方法もありますが、これはガードプレートの有無によって明確に判断されます。プレートがあればまず大丈夫でしょう。

死角に注意

通常の出入口以外では窓やベランダも侵入口になります。窓やベランダの場合、補助鍵の有無や面格子の有無、ガラスに防犯シールを貼っているか、防犯センサーはあるのかといったことが判断基準になります。
外回りの環境では高い塀や植木など死角になるものがある場所では注意が必要です。外から見えないというのは侵入犯からすれば最高の環境なのです。同様に夜間に暗闇になる場所がある場合も危険ですね。

生活習慣から考えると、合鍵を植木鉢の下に隠しているのを見られると即アウトです。合鍵紛失なんてことになったら早急に業者(鍵屋)に依頼して対策をとりましょう。また、ゴミ出しの際に施錠しない場合に関してもその時間を知られるとダメですね。

 

ドアノブ交換修理でお困りの方は、ドアノブ交換修理.jpへ

スタッフが待機中!