ドアノブ交換修理なら【ドアノブ交換修理.jp】にお任せ下さい!

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0800-805-7721

フリーダイヤル0800-805-7721

入られないために

入られないために

侵入犯の判断基準は先に示した通りですが、では住人側の注意事項はどういうものがあるかをみていきたいと思います。

まずは最初にも言った通り、壊れた鍵や鍵紛失を放っておかないということが大切です。ドアノブ修理もそうですが、気付いたときにはすぐに業者(鍵屋)に相談して鍵交換等してもらうようにしましょう。鍵開けに強い鍵をつけることも重要ですね。
日頃から隣人や周囲の住人たちと仲良くしておくということも大切です。周囲の住人と仲がいいとまとまった期間を留守にするときでも新聞の回収などを頼めますし、自分の家で不審者を見かけたときなどに代わりに追い払ったり教えてくれたりします。
また、電気メーターが外から見えるタイプの家なら電気を点けておくというのも対策になります。これで留守かどうかを判断する侵入犯も多いです。
同じくテレビのボリュームを少し大きくして点けておくというのも有効です。テレビが点いている=家にいるという認識がありますからね。
あらゆるドアや窓にベルをとりつけるというのは対策としてかなり効果的です。盗難を防ぐには一番いい方法でしょう。

他にもトラブルに対する対策はありますが、簡単にできるものではこれらが有効だと思います。

 

ドアノブ交換修理でお困りの方は、ドアノブ交換修理.jpへ

スタッフが待機中!