ドアノブ交換修理なら【ドアノブ交換修理.jp】にお任せ下さい!

ご相談無料24時間365日受付ております。フリーダイヤル0800-805-7721

フリーダイヤル0800-805-7721

破壊対策

ピッキングのように道具を使って鍵開けを行ったりという頭を使った方法もあるものの、もっと原始的な破壊という方法で鍵を突破してくる場合もあります。
破壊の場合は周囲への音の影響というものを考える必要がありますが、場合によってはピッキングなんかよりよっぽど早く侵入することができます。

ドアの破壊の場合

ドアに関する破壊を考えると、鍵そのものを破壊するパターンとドアをこじ開けるパターンの2種類が考えられます。
まず鍵そのものを破壊する場合ですが、これは室内用のドアであれば市販の工具でも簡単に壊すことができます。ドアノブの中にシリンダーがあるタイプのドアですね。こういったドアが屋外用に使われることは少ないですが、アパートや勝手口なんかで利用されることもあります。
この場合、この鍵を本命の鍵とは思わず補助鍵を幾つか取り付けるといいでしょう。

ドアのこじ開けの場合

ドアのこじ開けは隙間にバールなどを差し込んで開けるわけですが、熟練の腕であれば簡単に破壊することができます。
これの対策はバールが入る隙間を埋めることが最も簡単であり、それにはガードプレートの取り付けが有効です。また、防犯センサーを取り付けるのもいいと思います。こじ開けには衝撃が伴うため、センサーが反応して警告音を発してくれます。

破壊されているのを見つけた場合は業者(鍵屋)に依頼して鍵交換やドアノブ修理を行う必要があります。放っておくと更なるトラブルを呼びこむことになるので早めの対処が必要です。

ドアノブ交換修理でお困りの方は、ドアノブ交換修理.jpへ

スタッフが待機中!